« 動物ポリス | トップページ | 白ココア »

2013年2月12日 (火)

今朝の三句

Img_8862


Img_8859


Img_8863


写真 場所はこちら

* 傘の杖 じっと我見る おばあちゃん

* 紫の モンペ寂しく 留まって

* 佇んで 諦めた風 進む事 


横断歩道の途中で立ち止まったんですね。
私は交差する側で 青信号になったけれども
おばあちゃんが渡り切る迄… と 待っていた訳で。

彼女と同じ進行方向で こちらに右折せんとす一台は
既に赤信号になってしまったのだけれど
縫うように進んでました。

何か こっち見てる? 乗せて欲しいの?
なんて空気感に 視線を合わせたら
ほよ? と言うような表情にも見えて
寂しげな感じにも思えてしまって。


* 道端の 植木に咲いた 樹氷かな

* 切っ先も 鋭き氷柱 美しく

* ひっそりと 此処で氷の 展覧会


走行中だったので 撮影出来んかったのが
悔やまれる。

雪囲いをした四角い植木の上から下まで
それはもう 幾つもの細い透明な棒が有る
光景でした。


* 挟まれた「練習中」の2ハンドル

ツーハンドルではなくて「に」ハンドルと
読んで貰えると 字余り回避出来ますな(笑)

上記の美しさに溜息を吐いた瞬間に
気付いた事実

以上 今朝の3句でした~。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~いつかの すずザレ~ 藤鈴呼の戯言
過去作も織り交ぜてUPしていきます☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

突然の 頭痛―  では 無かった

人の 慣れ が 如何に 恐ろしいか を 
体感 した 夜 だった

途中 迄は 
至極 元気 満タン だった のに

パソコンに 向かい
キーを 叩き 過ぎた だろうか

昨夜 
近所の インフルエンザに 成った と 言う
会社の 人を 見舞いに 行った 彼が

部屋に 残して 行った
ウイルス君に ヤラレたの だろうか

とにかく 「 ヤバイ 」 と 感じて
薬の 瓶を 取りに
クローゼット部屋に 行った

一度は 寝て しまおう と 思い
寝室で 横に 成って みたの だが
痛みが 激しく 成って 来たのだ

今夜 彼は 飲み会

そう 言えば 前回も
似た シチュエーション だったな・・・ 

彼の 居ぬ 間に
鬼の 霍乱 的な×××

起き 上がり 
居間を 抜け 
薬を 取る

前回の 旅行時に
デカ ・ バッグに 詰め 込んだ まま
取り 出して 居なかったのだ

台所の 食器棚の 上にも
風邪薬は 有った 様な 気が するが×××
と 思い ながら・・・

でも アレは 確か 顆粒 だった

顆粒 と 言えば
世の中の 主婦は
味噌汁を 作る ダシに 
顆粒を 使わない 人が 多いん だろうか

アタシは 幼い 頃から
ママンの 味噌溶き の 手前に 出て来る
赤い 蓋した 「 ほんだし 」 が ダシ だ
と 思って たんだ

そりゃあ
テレビや 雑誌の 料理 コーナー なんか では
「 一番 だし 」 なんつって

美味しい ダシの 取り方
を 説いたり してる ケド

ボクは
味噌を 溶くのも 面倒な 程の 料理 下手で―
ハショリタイ 症候群 と でも 呼んで おくれよ

とにかく
簡単 手抜 料理 なんて 文言が
大好物 なんだ

だから
舌が どれ位 肥えて 居るのか
僕は どの位 肥えて 居るのか―

なんて コトは
此の際 フライパンの 横っちょに でも 
置いといて 欲しい

あ でも 未だ 油は 
引いちゃあ 駄目 だよ ?

ギトギト感 が 募る のは
午後の 
額や 頬や 鼻の 頭 ダケで
充分 なんだから ね

そんな 訳で
昼の メールで

「 少し 体調が 悪い 」 

と 告げた 彼から
夕方 にも メールが 届いた

「 熱っぽい から 九時 迄 には 帰る 」



時計は とうに 
其れから 二時間 以上 経過 して 居る

薬事法 の 経過 措置 なら
此の 春で ジ ・ エンド を 迎える 処だ

とにかく
ウイルス 又は アルコール に 
寄って ・ 酔って

倒れて 無ければ 良いのだ けれど―

そんな 心配も しつつ
ガンガン と 
ホントに 音でも 出て 来そうな 
ドタマを 抱えつに

クローゼット 部屋からの 
帰還を 図ろう と して居る と

ホントの 音が 聞こえた

バタン!
彼の 帰還で 有る

彼の 方を 見る 気力も 無く
虚ろな 表情―  だったに 違い 無い―

何しろ 
歩き ながら 
鏡を 見る 
趣味は 無いので―  で 

薬瓶を 落とさぬ 様に
細心の 注意を 払い ながら
通り 過ぎよう と しながら

小声で 「 おかえり・・・ 」
と 告げた つもり だが

果たして 彼の 耳には
「 聞こえた 」 だろうか

どうやら 「 聞こえた 」 らしい
僕の 心の 声

間髪 入れずに
「 大 丈 夫 ? 」 
の 台詞が 返って 来た

ヨタヨタ と 
今日の 報告 なんかを しながら
唸り ながら 寝た 後で
朝を 迎えたら

ケロッ と 元気に 成って 居た

どうやら
現金な 身体 みたいだ
ホント 丈夫だよ アタシは×××

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

心を言葉に 紙に認め 眺めよう
詩誌みゅう、次は キリ番 200号☆
随時 メンバー 大募集

藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧はこちらから
ミュウ 197.198号 完成♪巳年一発目☆
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 動物ポリス | トップページ | 白ココア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の三句:

« 動物ポリス | トップページ | 白ココア »