« かくれハート | トップページ | 過去の栄光 »

2013年2月15日 (金)

雪列車

Img_8892


Img_8893


Img_8891


写真 大糸線区間のどこか 
糸魚川-白馬コルチナ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

雪列車


バレンタインの夜
列車は 走り続けてた

妄想と 現実と 追憶の彼方に揺れて
ガタタン ゴトトン

あの頃よりも かなり重たくなった身体ごと
何処かに運んでくれそうな雰囲気

静かに流れる時間の中で
立ち止まって考える時みたいに

考えたいのだけれど 思考停止して
雪のような涙が ツイッと流れる瞬間みたいに

どれが本当か 分からないけれど
どれが嘘かも 分からないから

何を信じても 良いんだ
そんな 気がした

見せて居なかった部分を 知られたからと言って
もう一度 殻に戻る 必要なんて無くて

ただ その 
短かった時間の奥側から

取り出せば良い
昔の歌を

苛立っても 哀しんでも
戻って来ない タイムカプセルを 眺めながら
トラウマなのだと 君が 言った

音も無く進むレールの向こうには
とてもキレイな雪景色
だけど それは 幻想風景だって 知ってるよ

ラッセル車を 総動員しても
何時間も 走り出せぬ 冬の線路を
僕は 知ってる

車窓が ホワイトアウトして
なんにも 見えぬ ことも

其処には 美しい 過去の情景など
一切 存在しない

風の音だけが 響くんだ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

心を言葉に 紙に認め 眺めよう
H5創刊みゅう20周年 

随時 メンバー 大募集
見本誌も有りますので
興味ある方は以下よりどうぞ♪

藤鈴呼の動画・言葉・音声一覧はこちらから
詩誌みゅう199.200号完成
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑


|

« かくれハート | トップページ | 過去の栄光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪列車:

« かくれハート | トップページ | 過去の栄光 »