« 真鍮の兎 | トップページ | ワレガラス »

2012年7月 9日 (月)

ガスのコックさん

2011071915140000


2011071915140001


2011071915140002


写真は 去年の今頃 翡翠園より★

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ガスのコックさん


オーダーは いかがなさいますか
出来れば 銀色のアレを 巻いて下さい

加熱すると 調理は出来ますが
時節柄 怒りの焔が撒かれては 困ります故
ひと思いに やっちゃってください

フランスパンみたいな モコモコ帽子を 
目深に被り
細い目を もっと細めて ふふっと微笑う
あなたの姿が 見えてから
私は そっと 油膜を張るの

アスファルト色の コンニャクを眺めたら
逃げ水を 思い出す

テカテカに光る道に映えた
雨上がりの 虹色と おんなじ

あの空は キレイなんじゃなく
何かが写り込んだ証だから

感動する前に
拭き取る作業が 必要なのです

本当は ハンバーグにしたかった 挽肉を
必死で痛めて

少し 固くなった タケノコと 和えれば
久々の チンジャオロースに 出会えますよと

囁くのは 笹の葉
一日遅れで やって来た

冷たい鍋蓋が 少しずつ 熱を帯びて
嗚呼 やっぱり 
ステンレスにすれば 良かったのにと
後悔する頃

パシャリ と 音がして 
公開される 料理の写真は
とても 美味しそう

誰か メニューをつけて下さい
出来れば 箸が そっと 伸びそうな
オシャレな 名前を

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

コック って 捻る瞬間の音にも 似ているのかなぁ
そんな響きが するから
コックって 名前が
ついたのかも 知れないネ☆

書道セットについてくる
細長く 銀色の文鎮は
ちょっと軽い

それよりも 重い 
文鎮の色は 黒

上に 馬か何かが 走っていたような気もするし
祖父に もらったような気もするけれど
良く 思い出せないんだ

ガスコックを
もう一度 捻ったら
思い出せるかなぁ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

こんな風に 暑い一日 始まった
朝から 晩まで 汗っかきかな

未だ 分からないけれど
ツツーッと 伝う

それが 合図
それは アイス
それを 愛す

一瞬でも 冷たくなる 瞬間を
欲しながら

握りしめた 可愛らしい形が
歪まぬ確度で
ゆっくりと タオルを 絞る

ギリギリの ラインで
要らぬモノだけ
拭き取れる ように

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ポエムサークル(郵送詩誌)メンバー大募集中☆

イタリアン・レストラン

すずリンク
すずメニュー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 真鍮の兎 | トップページ | ワレガラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガスのコックさん:

« 真鍮の兎 | トップページ | ワレガラス »