« 蛇に非ず蜥蜴ちん♪ | トップページ | 黒姫山と奴奈川姫 »

2012年5月26日 (土)

哀の灯台

2012519_144


2012519_157


2012519_158


写真 日本海

黒部川付近なので 
海と言っても 透明度が高いことに感動。

防波堤を超えると 道が一本
進んで行くと 灯台発見

撮影したいけど
敢えて車を止めて、とは 言わなかった。

左手が海 右手に灯台
進んで行くと 左手に 砲台が見えた
ここでストップ。

車を降りて 記念撮影をする
車を降りた理由は 撮影ではなくて
旦那が トイレに行きたかったから
なんだケドね。

右手に公園が有り
公衆トイレが 見えたので
止まったらしいの。

何気なく 公園を眺めていると
ブランコが有る
嗚呼 久々に乗りたいなぁ~
なんて思っていると
旦那が戻って来た。

車に戻り ハンドルを握らんとす 瞬間に
ブランコ 乗りたい♪ と 提案

良くさ、海沿いで カップルが
「まてまて~♪ あはははは~♪」
なんて ジャレ合うシーンが 有るじゃん?

あんな風に
あはははは~ なんて 言いながら
ブランコを 漕ぐんだけど
流石に 昔みたいには 行かないのね。

平衡感覚の 老化現象とでも 
言いましょうか?

もともと旦那は くるくる回る系が
余り 得意ではなくってね。

お互い
「これ以上 こいだら 具合悪くなるぜぃ~♪」
の狭間を 楽しんで 終了~☆

以前 友人に言われた台詞を 思い出した

「アンタ、今でも でんぐり返し 
余裕で出来っと 思ってんでしょ?
ちょっと今度 一回 やってみてよ!
昔と違って くらくら~っ て なっから!」

なんですって!_( ̄▽ ̄)ノ彡!

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〓 哀の灯台 〓


行きたい所が 有るんです
何処だか 君に  解るでしょうか

私にさえも 知らされず
生きたい場所を 捜すのと

孤独な私  置き捨てた 
ばかりの君に 問い掛けて

迷いの泡に 覆われし  
孤独な海で 泳ぎたい

思い出だけが 膿に成る  
想い出 抱けば 貝は割れ

私は 中から 飛び出して  
鳴呼 寂しいと 泣くでしょう

ナミダが 君に 届かなくとも   
憂いを 風が 運び始めて

カモメは 藍に 染まり出し  
愛を 忘れた フリをして

浅瀬で 微笑い 出すのです  
砂の 時計を 数えては

未だ 足りないと 嘆きながらも  
浮遊 重ねて 逝くのです

混乱だけを  哀に 点して 。 。 。

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

詩誌・作品・仲間・募集☆
みゅう 181.182号 完成☆.wmv
イタリアン・レストラン

すずリンク
すずメニュー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 蛇に非ず蜥蜴ちん♪ | トップページ | 黒姫山と奴奈川姫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀の灯台:

« 蛇に非ず蜥蜴ちん♪ | トップページ | 黒姫山と奴奈川姫 »