« 薄汚れた手 | トップページ | トビウオ »

2012年5月15日 (火)

メンソール

2011050411500000


2011050411510000


2011061811490000


* くちびるに ピリリ・スースー 君の跡

* 唇に 主張して来る ドアの前
   キミ居た証 メンソレータム

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

どこまでも ゆっくりと 
歩いて行ってくれれば 良いと思う 

適度に 酔いながら 笑いながらの 
微妙な距離で・・

空が 月になったり 海に代わったり する 
心が 繋がっていたら 
たとえ 目には 見えなくっても 
それで いいと 思うんだ

☆ 

充電したつもりが 出来ていなかったのは 
時間が足りなかったからじゃなく 
接続が 間違っていたから 

明日は 新しいコードを伸ばそう 
空に向かって 向日葵が 微笑むように

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

みんな お空を 眺めるの
今宵
楽しいことが 起こるのよって
パパも ママも 笑いながら
☆を 見上げたわ

私には 見えないの
視界には 入るのよ?
でも
哀しい 哀しい で
心 一杯だから
なんにも 見えなくて

涙で ゆがんじゃって
丸い 滴が
☆に 見えたんだわ

ゆるゆると 下がり続けた ☆のしずくは
キラキラ光る 本物の お星様みたいに
いつか 空に のぼって いくのかな
朝になれば 消えて いくのかな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

白い 塊は 凶器
雪のように ふわふわと
笑ってばかり いられない

空を 見上げると
楽しいこと ばかりだと
教えられて来た

単純な 夜と
単純な 希望を乗せて
船は 走る

朴の木みたいに
大きな手で
頭を 撫ぜられて
安心していた

船が 揺れたり
波打ち際が
こんなにも 冷たいってこと
誰も 教えて くれなかった

それでも 星は 昇る
見上げた空は
いつでも 
広いんだね

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

写真 いつかの すずパスタ

完全包装の贈り物
中身は近日公開予定(笑)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

詩誌・作品・仲間・募集☆
みゅう 181.182号 完成☆.wmv
イタリアン・レストラン

すずリンク
すずメニュー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 薄汚れた手 | トップページ | トビウオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンソール:

« 薄汚れた手 | トップページ | トビウオ »