« 一条の灯 | トップページ | イルカコースター »

2012年4月22日 (日)

ストール

2011041512300000


2011041512350000


2011041512350001


写真 去年の桜 in 青海

いつかの すずザレより

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

● mew ●

あなたの 猫に なりたい

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

君は 夜を 司る 天使
僕は 悪を 操る 小悪魔

°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● NIGHT ●

心が温まる 貴方の言葉を
もっと 聞いて 居たいけれど

貴方まで 壊してしまっては いけないね

私は 聞き分けの良い子に
ならなければ いけないね

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● 恣意的なのは ●

みんな 一緒 なんだろう
それを どう 受け止めるのかが
君 次第なんだ

★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● おやすみの ●

一言が 言いたいけれど
君の・・・番号が分からなくて

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

● DEAR ●

今夜は 君が 近くに 居てくれた
何よりも 一番僕の すぐ側に 居てくれた

だからありがとう。
本当に ありがとう

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

「自分の事を 愛せるのか。」
それが 彼と 私の 命題だった。

彼は 自分が 嫌いで
私も 自分が 嫌いになってしまって。

だけど 私は 彼を 好きで
彼も 私を 好きだと 言った

だから 今は 信じようと 思う
この 自分の 気持ちを
信じようと 思う。

彼は 自分が 大切で
私は 自分が 一番で

二人とも 自分自身が 大事なんだ
だから
お互いが お互いの 幸せを
と いうよりは

自分の 心の 補充のために
相手を 必要としているのかも知れなくて。

*

迷惑を あなたに かけた
貴方は 笑って 受け止めてくれた。

その 優しさと
少しの 悲しさに
また 涙が 溢れ出して。

押さえつけていた 涙が
また 溢れ出して

彼に 抱き締めてもらえない
この カラダを

自分の中から 
排除してしまいたいような気分に 
なってしまうの・・・

*

魂と 空気が 入り乱れて
自分ではない 物体を
眺めているような 
そんな気分のままに

「ボクは ダレなんだろう・・・」
「ココは ドコなんだろう・・・」
「アレは ナンなんだろう・・・」

そんなことばかりの 繰り返しの毎日は
精神的に 比較的 辛いらしいんだ

だから ボクは 
そんなこと 考える余裕もないほど
疲れ果てて

*

あの マントのような ストールをはおると
決まって彼女は 大笑いをした

いつも 鞄ばかり ぶら下げているボクに
また まとうものが 増えてしまったと
彼女は 笑いながら 言う

だって ボクは むなしかったんだ
君の 居ない この世界で
たった 一人きり
これからも生きていかなければ ならないことが

だから ボクは はおった
彼女の 温もりを 唯一 感じられる
あの ストールを

☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:

詩誌・作品・仲間・募集☆
岩手に行くならココ☆

すずリンク
すずメニュー

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑



|

« 一条の灯 | トップページ | イルカコースター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストール:

« 一条の灯 | トップページ | イルカコースター »